沖拳会菊野稽古会に参加。

2019年3月9日(土)菊野稽古会の代行を木村稽古会長がされるとのことで参加させていただきました。

沖拳会のメンバーは様々な格闘技の経験者の方が多い印象があるのですが、この日も総合格闘技経験者や他流の空手をされていた方達が参加されていました。

例によって写真に写れない方もいらっしゃいました(笑)

稽古内容は東村山稽古会では基本稽古に多くの時間を割いて大体2時間でナイハンチとセイサンの移動、ナイハンチ、セイサン、押し合い、柔らかい押し合い、背中の鍛え1、背中の鍛え2でタイムアップとなり背中の鍛え3に到達しないこともしばしばなのですが、この日の稽古会は沖縄拳法独特の身体の繋がりを意識するストレッチ、いわゆる組み技系のウォーミングアップ、ナイハンチの移動、ナイハンチ、投げを3種、捕手を5種類とバラエティーに富んだ内容になりました。

個人的には念願の捕手を教えていただけたのが最高でした。

所謂、不思議に見える技も木村稽古会長が最初にやって見せていただいた時は皆さん苦笑いを浮かべて『これは難しい。』という表情をされていても原理を教えていただいて雰囲気を真似すると意外なほど掛かるし掛けられるから面白いです。

幾つかの要素は柔術にもかなり応用できそうです。

木村稽古会長。いつも御指導ありがとうございます。

菊野稽古会の皆様。稽古をつけていただいてありがとうございました。横山拓也

^