第25回沖拳会東村山稽古会。

2019年2月3日(日)第25回沖拳会東村山稽古会。

この日は城西支部から喜瀬さんが稽古に来て下さいました。

しかも、沖縄のお土産を持って来ていただきました。

喜瀬さん。お土産ありがとうございました。ちんすこう美味しかったです。

東村山稽古会からは木村稽古会長、南風原さん、時吉先生、横山が参加しました。

南風原さんは琉球大学時代に山城先生から直接教えを受けていらしたので、当時の稽古内容のお話を伺わせていただきました。

現在の稽古と、当時の稽古の差異と共通部分がとても興味深かかったです。

南風原さん。貴重なお話をありがとうございました。

個人的にこの日1番の収穫は突きの感覚が急に少し掴めたことです。

木村稽古会長と背中の鍛え3を組ませていただいて規定の回数が終った後、「突く時に肩を入れてしまう癖が抜けず塩浜先生にも指摘していただいたので修正したいけどどうすればいいのかわからないんです。」という話をしていた時に木村稽古会長が何気なく「こういう感じで。」と言って突きを出すのを見て真似してみたら急に全身が引っ張られる感覚がありました。

以前、塩浜先生との朝稽古で伺った反対側の足の裏が浮く感じがあり「これかも⁉️」と嬉しくなりました。

最初に塩浜先生に説明していただいたのが9月22日(土)なので僅かながらの実感を得ることが出来るのに4ヶ月以上掛かりました。

ちなみに時吉先生は天才なので、9月29日(土)に一緒に朝稽古に参加した際に塩浜先生から説明を受けてその場で軽く3回ナイハンチ突きをしただけで「わかった‼️」と言っていました。

3秒も掛かってなかったな〜、矢張り天才は違いますね。時吉先生の才能が羨ましいです。

木村稽古会長。御指導のお陰様で少しだけですが逆振り子の突きの感覚が掴めたようで嬉しいです。ありがとうございました。

時吉先生。稽古をつけていただいてありがとうございました。進歩のスピードは全く違いますがこれからも時吉先生の背中を見失わないように追いかけさせていただきます。横山拓也

沖縄拳法東村山稽古会(通常10000円)とグラバカ東村山(通常8640円)に両方通えて15640円のお得なプランもあります。

体格や年齢に影響されずに強くなりやすく、更に稽古が楽しい沖縄拳法、ブラジリアン柔術を習ってみたい方は是非御連絡下さい。

^