第24回沖拳会東村山稽古会。

2019年1月20日(日)第24回沖拳会東村山稽古会。

この日は青森稽古会の木村さんが参加して下さいました。

木村さんと基本稽古をやっていると、基礎力の高さを感じます。

特に木村さんの背中の鍛え3はとても強力❗️

沖縄拳法ではこういう稽古で養われる普通の力とは違う力は何ていうんでしょうか?中国拳法でいう功力や功夫。

ブラジリアン柔術にもこれに該当する練習からくる柔術力があると思います。

種目は違っても各種武術や格闘技で大事なのは個々の技ではなくてこの基礎力の高低だと思います。

柔術紫帯の頃、当時モダン柔術と言われていたベリンボロの打ち込みを2時間単位でヤマモさんとやっていましたが、試合ではいつもクローズドガードからクラシックなグレイシー柔術みたいな技で極めていました。

結局、ベリンボロという技を練習しながらその根幹にある柔術力を養っていたんだと思います。

ベリンボロをタイトにタイトにしようと意識しながら練習していたらクローズドガードもクラシックな極め技もタイトになっていきました。

木村先生も沖縄拳法は基本、特に立ち方が大切だと言われていたので、数年間は立ちを重点的に稽古したいと思います。

木村さんや時吉先生のような意識の高い方達と一緒に稽古していると自分ももっと頑張ろうと自然に思えます。

木村先生。今週も御指導ありがとうございました。

木村さん。稽古ありがとうございました。今年も東村山稽古会に沢山いらっしゃって下さい。

時吉先生。いつもありがとうございます。東村山の愚地独歩を目指しましょう。

沖縄拳法東村山稽古会(通常10000円)とグラバカ東村山(通常8640円)に両方通えて15640円のお得なプランもあります。

体格や年齢に影響されずに強くなりやすく、更に稽古が楽しい沖縄拳法、ブラジリアン柔術を習ってみたい方は是非御連絡下さい。横山拓也

^