第13回沖拳会東村山稽古会。

第13回沖拳会東村山稽古会。

この日は鬼ヶ島稽古会こと城西支部から石井先輩、喜瀬さん、四反田さんが参加してくれました。

石井先輩は転勤されてからも月に数回何処かで稽古しているのでお会いする頻度が転勤される以前と変わっていません。

この日も新幹線でお帰りになられると言われていましたが、実は八王子辺りに潜伏してるんじゃないかと私は疑っています。

沖拳会に入ったばかりの頃、城西支部で石井先輩にはマンツーマンで稽古していただいたこともあり、とてもお世話になっている先輩なので東村山稽古会に参加していただいたのもグラバカ東村山に来ていただいたのもとても嬉しかったです。

稽古はいつものナイハンチ、セイサンの移動、ナイハンチの型に続いて、初めてセイサンの型を教えていただきました。

セイサンは個人的に城西支部で菊川さんに少しだけ教えていただいたり、城西支部や統括の稽古会で皆さんがやっているのを見学していたり、審査会で皆さんと一緒に見様見真似でやってみたり、時吉先生との二人稽古で時吉先生に順番を習ったくらいで本格的に教えていただくのは初めてでした。

時吉先生との反復のおかげで何とか順番は覚えることが出来ました。

ナイス時吉先生のDVD学習。セイサン教範素晴らしいです。

その後、各種押し合い、背中の鍛え2まで行ったところで稽古時間終了となりました。

稽古会の後は、対武器の練習やミット打ちを行いました。

棒を突いてくる瞬間に躱して攻撃を加える練習は間合が徒手の時とは違って興味深かったです。

紙一重で躱すと意外と衣服が棒の先に引っ掛かるケースがあり素手の間合まで入れない例もありました。

紙一重で躱せば良いってものでもないんですね。道着は大丈夫だけどTシャツは引っ掛かりやすいみたいでした。面白いです。

木村先生。今週も御指導ありがとうございました。セイサン、対武器と新しい練習楽しかったです。

石井先輩。稽古をつけていただいてありがとうございました。

是非また東村山稽古会にいらっしゃって下さい。

喜瀬さん、四反田さん。いつも稽古をつけていただいてありがとうございます。

沖縄拳法東村山稽古会(通常10000円)とグラバカ東村山(通常8640円)に両方通えて15640円のお得なプランもあります。

体格や年齢に影響されずに強くなりやすく、更に稽古が楽しい沖縄拳法、ブラジリアン柔術を習ってみたい方は是非御連絡下さい。横山拓也

^